2017年7月21日金曜日

リアクションで台詞を返す

720 Wakuwaku  担当 土井
今日の発声練習はいつもと趣向を変えました。
ひとりが今日の出来事を語り、他の人がその言葉と動きをそっくり真似ます。
話している人の身体の重心はどこにあるか?
気持ちが高揚していると重心は上へ上へと。重心が下に向かうとずっしりと説得力を感じます。

今日、実際の舞台の大きさを紐で囲って見ました。実際のテーブルの大きさがどうなるかが問題です。
四場、栞と貞子の絡み後半から。貞子は表情を変えずに相手に謝罪を求めます。
重い空気の2人の後ろを現代の3人が楽しげに通り過ぎます。座り位置に変更がありました。新しい位置に頭をシフトしましょうか。





五場は、暗いところでの好美の発話から始まります。客席にしっかりと届きながら暗さに馴染む声がきっと出るようになります。そして「・・・」。言葉にしない何かを感じます。



好美に振り向かない事で辛さに耐えている亜希。
でも明るく生きる強さを持ち合わせている人です。
歩く時に身体が揺れるのに注意です。ちょっとした目の動きはとてもインパクトがありますね。そこで亜希は何を見ているのでしょうか?
好美は気づかない「ふり」をしているのでしょうか?
感情を表に出さないふたり、お互いに相手に対する微妙な心遣いがあります。

六場、栞はふっきれているか?のように高揚しています。
竜二の「ため息」は独自のものなので会話に馴染まないように。反対に会話する時は、相手の台詞をちゃんと受けとめ、リアクションとして台詞を返してください。



菊江は折り紙の手作業をしながら会話しています。その手が止まる時、空気が変わります。

廊下を歩きながらの会話は距離を計算しながら歩きます。実際はもっと距離があるので、出来れば実寸で稽古したいものです。

内弁慶の縁子は菊江が他の人に繋がるのを遮断します。ここも数人の登場人物の中で二人だけの会話をする場面です。

来週は今週の続きからラストまでを稽古し、再来週は通します。



2017年7月18日火曜日

録音してセリフ覚え。

7月18日 そよ風ペダル担当:梶川

脚本追加で70ページまできました。
もうそろそろタイトルも決まりそうな予感がします。
追加シーンの稽古のあと、通し稽古をしました。
ICレコーダーを持って来られて録音される方もいます。
お家で周りのセリフを聞きながら自分のセリフを覚えていくためなのですね。
そのこともあり、滑舌に気をつけて通しをしましょうと。
人によっては脚本を持ちながらも、演技中にパッと確認しつつ自分のセリフの時には相手役を見ながら演技されていている方もいて。
それゆえ時折とどこおることもありましたが。
滞ったところも録音されておりますね。
としても、これまでに繰り返し稽古していますし滑舌を気にしたからか、見やすくテンポの良い演技が続きました。
前作「ほとぼり」の創作を越えて、テンポであるとか自然な会話のやり取りというのが身についているなぁと感じます。
となると本当にセリフをいかに覚えるか。
脚本を完全に外した時に思い出しながらになるため自然な会話をもう一度作り直しになるかもしれませんが。
どうあれ録音した音源を使ってセリフ覚えしていただければ。

思い出の品。

7月18日 恍惚一座 担当:梶川

書きかえの少ないであろう前半20ページ分がまずは稽古場に届きました。
読み合わせをしてみて変更箇所を確認しました。
決定されたシーンができれば稽古も開始できるわけで。
大筋は一緒で細かくネタが増えている感じ。
ここまでは一度作り上げたものを土台にさらに積み重ねることになりそうですね。
終わりの方で少し話が分岐してきました。
後半は新しいシーンが増えていくことでしょう。
読み合わせの後に早速立ち稽古です。
新しく追加されたネタを実際にやってみて笑ってしまって進行が止まったり。
いい傾向ですね。
やりながら書き直しなどもありつつだいたい30分程度でした。
前作では擬似家族がアイコのアルバムを隠していたわけですが、今回はそういった作為はなくなりました。
アイコがこの家の娘であることを証明するために子供のころのものを探しに納戸にいきます。
そこには思い出の品が溢れていて。
教科書とか通信簿とか名前の書かれたものが出てくると決定打になって話が終わってしまうので、そうではない思い出の品ってどんなものがあるかしらと話し合います。
すでに人形は出てきていて。
それ以外となるとなかなか難しいですね。
思い出の品といえば、何でしょうね。

2017年7月14日金曜日

思い出をさらっと流すな

713 Wakuwaku 担当 土井
発声練習をした後、先週の続き、二場面の6ページ後半、縁子と竜二のやり取りから稽古を始めました。そこへ貞子と菊江が登場し、舞台は4人になりますが、貞子と竜二、菊江と縁子が他の2人に関わらず其々に会話をします。


栞が後ろの廊下を通り過ぎるタイミング、それに声をかけるタイミング、を掴みます。他の場面でも、会話している後ろを誰かが通り過ぎます。後ろをうまく使い、舞台に立体感を出したいものです。


貞子との会話の中で、菊江は経験上いろいろと心配になることもありますが、嬉しくもあります。様々な感情を想定してみましょう。「湿っぽさ」はあまり出ないように。

 三場面、貞子、縁子、浩子の同窓会では手作業しながらの会話が続きます。テンポよく息が合って、笑いを誘います。
テーブルを囲む為、奥に座る人を見せる配慮が必要。今後いろいろ試してみて、いい立ち位置、動きを見つけたいと思います。
会話に出てくる「昔話」を「流さない」ように。具体的なイメージを思い描き、そのとき考えていた事を思い出し残っていく、思い出ひとつひとつに楔を打つ感じです。これが回想のシーンに繋がります。
新聞部だった浩子はあの頃の失敗や無力感をしっかりと心に留めています。



そして四場面、栞と遠藤。役人という職業をもった大人と高校生の会話です。ここも後ろの廊下での会話です。遠藤の登場は結末への伏線、何かをお客さんに予感させるものがありますね。今日はここ17ページまで。






2017年7月12日水曜日

テンポと滑舌。

7月11日 そよ風ペダル 担当:梶川

追加ページはありませんが、書き直しのページで差し替えがありました。
どうやらエンディングが筒井さんの中で見えてきての差し替えということです。
終わりはできていて、どうやってそこにつなげていくか。
バブルのことをどう扱うか。
皆さんからのリサーチではバブルの時期がちょうど育児に追われていたのであまりバブルを実感したというエピソードが少なかったわけで。
最後につなげるとしてのパーツが不足しているとかどうとか。
ということは筒井さんの中から生まれるもので補われるわけで、それはとても楽しみです。
どうであれみなさんも私も終わりが見えていないわけで、ゆえに期待が高まります。
期待ですね。
まあ一番書き上げてしまいたいのは多忙の筒井さんなのでしょう。

さて稽古は今できあがっているところ通しました。
脚本を持っての通しですが、テンポがとてもよかったです。
逆に良すぎて意味内容を聞き逃すことがあって。
テンポよく楽しんで演技しすぎて、少し滑舌が乱れてしまった印象でした。
なので残りの稽古時間は後半のシーンを感情は後回しにして、一音一音粒立てて立ち稽古を。
雑になってしまったという印象が音を丁寧に発しようと意識するだけで俄然演技が見やすくなりました。
今のところで通しに45分かかりました。
作品として半分過ぎたあたりでしょうか。
まだ終わりまでの道のりは長いかもしれませんが、本番までの時間もあって、なかなかのジレンマですね。

家族のあり方を調べる。

7月11日 恍惚一座 担当:梶川

本格的に追加シーンが届きました。
重要なことはそれぞれのキャラクターがストーリーの中で何をしているかの表を配られたこと。
みんなで何が事件で作品の中での課題が何でどこに向かって終わっていくかを共有しました。
脚本はできあがってないですが、作品のイメージは湧いてきます。
追加シーンも作品の核になる部分。
期待が高まります。
まずは創作している本人たちが興味を持ち楽しめること、それが重要なのではないでしょうか。

そして、この一週間の間に劇団員の方が今回の作品を受けてネットで家族について調べて全員で共有しました。
これも確実に作品の指針になっていきそうで。
私見ですが家族のあり方について、血の繋がりなのか一緒に暮らしているという所属感なのかという議論がこの作品の中にはある気がします。
だとしてそのことを表層的にでもネットで調べるだけで血縁による家族制度というのは明治以降、ここ100年の間にできたものであると。
家族像の変化は雇用制度の変化に関係しています。
農業などの第一次産業が中心だった社会と高度経済成長期の第二次産業中心の社会では必要とされる家族形態が違いました。
片や家族全員が労働人員であるのに対し、核家族化されサラリーマンと専業主婦という性別での役割分担が明確にされていきます。
そして現在は共働きということが当たり前になり、また新たな家族像が求められているのかもしれません。
この時代が変わるタイミングに描かれるハウスホールド。
まあ難しい事は置いといて、コメディですから。
楽しんでいただければと思います。


2017年7月7日金曜日

必要な間をとる

76 WakuWaku 担当 土井
7月に入りました。今月中に台詞を頭に入れて、81週目には初めての「通し」をする事になりました。
演出が言ったことを次回にできるよう、台本にメモをして、家で同じように動いてみてください。まずは、動きや台詞のタイミング、どの位置に立つか等「段取り」、決め事なので、覚えたらできる事です。
台本に入る前にストレッチと発生練習を。今日は「あくび発声」の発見。喉に力を入れず、空気の出口である口が大きく開くので、なかなか良さげです。

さあ台本、一場面最初から始めます。
焦らずしっかりと間を取り、シーンの空気感を掴みます。
詩的な思いに入り込み相手の存在を忘れて話す時と、テンポよく相手とやり取りをする時。その切り替えには必要な間があります。

縁子が舞台に残り二場面に移る「繋ぎ」は大事ですが、今日はそこはせずに二場面の竜二の登場に続けます。「繋ぎ」は他の役にも起こります。皆で集中して「繋ぎ」の稽古をしましょう。

見えないところで先輩を恫喝している竜二、台詞をあせらないで下さい。登場はしないけど恫喝されている相手がいることを忘れずに。
亜希は怒ってはいますが、他の寮生のように竜二を忌み嫌っているわけではない。竜二へ対する友情か愛情をどう表しましょうか?
怖い竜二が亜希には弱い、そんな2人のやり取りを見せて下さい。竜二が右往左往して亜希のご機嫌をとるコミカル感を。

単なる、自分の勉強の邪魔者でしかない竜二には関わりたくない好美。近寄りたくないというスタンスが、立ち位置に現れます。

隠れていた縁子と竜二の突然の出会い、叫び声が続きます。ここは段取りではなく、なんというか臨場感を持ってこの一瞬を捉えたいものです。

来週はこの続きから。今日は出番がなかった方すみません、来週を楽しみに。人の稽古を見ながら参考になることは多くあると思います。そして今日の演出の指示は、ちゃんと次回まで引き継ぎ、自分のものとするように。
今回の芝居はいろんな相手と絡みます。稽古後に皆さんロビーで自主練習。公演に向けて気持ちがたかまります。