2020年10月22日木曜日

今日の主役

 1020日 そよ風ペダル 担当 土井

冬が来た感のした昨日に比べ、今日は暖かいので、身体は縮かんではいませんが、ゆったりとストレッチを。畳の上で身体を伸ばすのは本当に気持ちがいいものです。

   

さて、先週頂いた戯曲、「かんしゃく玉」を3つのパートに分け、都度配役を変えてまずは読み合わせ。リーダーがト書きを読んで下さいます。今日のメンバーは男性3人、女性6名でしたが男性の多い話なので女性も男性役をします。


 後半も配役を変えて立ち稽古をする事になりました。

ト書きに何度も出てくる「かんしゃく玉を投げつける音」をひとつの役として配役しました。これはト書きの内容に合わせ、俳優の投げつける動きに合わせなくてはいけない、気を抜けない役です。だんだん俳優の動きと音があってくると、ぐっと面白くなってきます。


「彼女」は炊事場への出入りが多く、炊事場から声だけ出している台詞も多いのです。


 ラストまで通した後、この戯曲に出てくる数々の食べ物や日用品等・・・バナナ、ヘチマコロン、砂糖入りの冷たい紅茶、カーテンで作った洋服etc・・・について話し合いました。それらの「モノ」を通して、登場人物の経済状況や見栄などが見えてきます。

 「いる?いらない?」と聞きながら、本当は「いらない」返事を期待していたり、モノを通して細かい感情の積み重ねがある事が次々とわかってきます。

 そこに「かんしゃく玉」というはっきりと感情を表す音があるのが、とても象徴的に感じます。今日の主役はこの「かんしゃく玉」ではないか?とも思えて来ました。











2020年10月5日月曜日

あの頃の感覚

9月29日 千年団 担当:飯坂

そろそろ配役を決め始めます。
皆さんにどの役をやりたいか/やりたくないかをアンケートをとっているようです。
希望通りになるかと言われるとそうではないようですが、どの役に興味を持っているのかはとても興味がありますよね。

小原さんはこれまでいくつか短編作品を書いて稽古場に持ってきてくださいましたが、どの作品を上演するのかも決まりました。
今日は、初期の頃に持ってきてくださった脚本が再配布され、読みました。
初期のころ、というのは、緊急事態宣言が解除され、恐る恐る稽古が始まったころです。今もマスクをつけたまま稽古をしていますが、まだマスクがあまり馴染まなくて、もっとおっかなびっくり集まっていたころ。
その頃に書かれたものなので、この脚本に出てくる夫婦は、最後の最後まで対面しません!

今とあの頃ではこんなに感覚が変わっているんだなとみんなで再確認しました。
本番の頃、来年2月にはどうなっているんでしょうか。


 

2020年10月2日金曜日

ぬっとはいってくる女の人

 9月22日 千年団 担当:飯坂

先週の薬局のお話の中の、ぬっと入ってくる人を女性も演じてみることにしました。
小原さんから見て、この人はこういう役苦手そうだな、という人もチャレンジ。
前回は男性だったので、この人に暴れられたら怖いな、というような怖さもありました。
女性はどう見えるのかなと思いましたが、案外普通の「主婦」のような人がぬっと入ってきて普通に話しかけてくるのは、何かが狂っていてそれだけで怖さがありました。
従業員控室に入ってくる客という設定があるだけで、普通の人がこんなに怖く見えるんだなと、とても面白かったです。


2020年9月23日水曜日

三つの宝

922日 そよ風ペダル 担当 土井


本日も現代劇場和室での稽古です。静かですが十分なストレッチで、縮んでいた筋肉が柔らかくなりました。

先週まで抜けていた「女中たち」の7071ページを頂きました。ここ数日この戯曲を何軒かの書店で探したのですが手に入らなかったのです。

NHKBSで風姿花伝プロデュースの「女中たち」を観たところなのでちょっとワクワクして来ましたが、今日は別の戯曲を稽古する事になりました。


芥川龍之介「三つの宝」です。

今回の課題は

「オーバーな芝居で熱演してみよう」と。

まず9ページ3幕全部を読み合わせした後、配役を変えて1幕ずつ立ち稽古です。

立ち稽古の1回目は淡々と流し、2回目で「熱演」です。

演ってみて自ずと役に同化していく感じはいつからだったでしょうか?

観る方も熱演を感じたのはいつですか?


「王子が来て舞台の空気が変わり物語が動き出す頃から変わった」という意見が多かったようです。

盗人達は三つの宝を本物と思っていたのかどうか?と解釈が割れましたが、あの冒頭のト書きは嘘(間違い)ではないか?という先生の言葉で納得できました。


2幕、酒場です。酔っ払いの戯事とシリアスにならないようにと。


今回は「やっていて楽しかった」

「見ていても楽しい」という意見が多かったです。

「女中たち」と比べ役を作りやすいのは、典型的な役どころなので、舞台に居やすいからでしょうか。

しかし、典型とは別のリアリティ、「いやらしい面」とか「意地悪」とか身近に感じられる人間の感情が、典型的な役どころの中にも発見されると、グッと芝居をしていても、観ていても面白くなることを発見しました。






2020年9月18日金曜日

「女中たち」の演じ方を共有する。

 9月13日 そよ風ペダル 担当:梶川


ジャンジュネの「女中たち」を使って稽古したいます。

脚本が始まる前段階でジャンジュネによって「女中たち」の演じ方という文章が書かれており、そこには細かな舞台の設えや演技についての指示が書かれています。

今日はこの部分を筒井さんが読み上げて、全員で情報を共有します。

少し難解に感じます。

難解なわけですが、みなさん分からないというところで終わらず探求を試みています。

なんと頼もしい状況だろうと。

ここに書かれている演じ方を意識したりしなかったりで読み合わせをしました。

筒井さんから男性陣に対して女性役を演じてみてどうですかという質問がありました。

稽古後にジャンジュネについて少し調べて、ここには意図があったのかもしれないと感じつつ。

簡単にジャンジュネのプロフィールとして、私生児として生まれ、生後七ヶ月の時に捨てられました。

その後、犯罪を繰り返し、ついに終身刑を宣告されたのですが、文学的な才能を見出したコクトーやサルトルの請願により、世に出てきて独特な作品を書きました。

ジャンジュネと言う人がとても興味深いです。

ゆっくりと深堀りしていきたいところです。




2020年9月17日木曜日

ぬっ

 9月15日 千年団 担当:飯坂

今日は新しい脚本が配られました。
またもコロナウィルスに関わる話です。今回は薬局のお話しです。
薬局はトイレットペーパー騒動やらマスク騒動やら、コロナウィルス時期に差し掛かってからはとても苦労されていることと思います。
今回も、実際にあったお話をもとにしているようで、小原さんのお知り合いから聞いたお話だそうです。

授業員控室で従業員がくつろぎながら愚痴を言い合うところに、ある商品を求めてぬっと人が入ってきます。
ぬっと。
このぬっと入ってくる人は男性が順番に演じました。
話が通じなさそうなぼんやりした人から、ちょっと陽気で悪気がなさそうな人、せっかちでせかせかと用件だけ聞いてさっさといなくなってしまう人。
同じ「ぬっ」ですが、どの演じ方もとても面白かったです。

自分の中にしっかり時間が流れていて、それが他人とマッチしない。
掛け合いもとても面白かったです。

無意識な真似

 9/8 そよ風ペダル 担当:飯坂

引き続き、ジャン・ジュネの「女中たち」です。

今日は全部最後まで配られました。最後の方にはとてもとてもとても長いセリフもあって、緊迫した空気が脚本からビシビシ伝わってきました。

どうやらちょうどこの「女中たち」の上演がテレビで流れたようで、それを見た方もいました。最後の方はその方たちに台詞を読んでもらっていました。

読み終わったあと、先週話していた「まね」の話が少し絡んで、テレビで上演を見た人は、その演技を少しでも真似したかどうか、意識的か無意識的かはさておき、という話が出ました。

やはり少しは意識してしまったようですが、今はとにかくこの膨大なセリフの量に圧倒されているようです。

役者としてはとてもやりがいのある脚本です。一通り読み終えることができました。

次回ももう少し読んでいきます。