2017年9月19日火曜日

初回スタッフ見せ通し。

9月19日 そよ風ペダル担当:梶川

これまで脚本を持ちながらの稽古をしていましたが、今日は手放して演技することにチャレンジ。
なぜならスタッフさんが来ての通し稽古だから。
そして来週からしばらくは筒井さんが別の仕事でお休みになって自主練習が続きます。
気合を入れての通し稽古となりました。
まあプロンプがたくさん入りまして、惨敗といえば惨敗です。
ですが、とても前向きな惨敗だなと。
なんでしょう、台詞が出てこないからといっての悲壮感が別になくて、なんなら楽天的に笑いながらやりとりを維持していきます。
どういうことかというなら、場の空気が沈まなかったということで、体がリラックスしたままなので、演技はフラットなまま続いていく感じでした。
台詞さえ入ってしまえば生き生きとした自然な演技が見られそうに思います。
というわけで、来週からはとにかく台詞を覚えるということにしましょう。

最終スタッフ見せ通し。

9月19日 恍惚一座 担当:梶川

恍惚一座として、初回公演のころからできるだけ作品の中にダンスシーンを入れたいという思いがあって。
 それは見ている方に楽しんでもらいたいという思いの表れなのですが。
今回もダンスします。
ということで、今日の稽古の最初はダンスシーンの創作です。
なかなかの付け焼き刃ですが、1時間集中してみっちり稽古してカタチが見えてきました。
それを終えて今日はとにかくスタッフさんの前で通しです。
時々プロンプが入りましたが完成が見えてきました。
台詞を完璧にして、もう少しテンポを良くして。
自主練習と来週の火曜日の稽古。
火曜日はスタッフたちは会場入りして舞台設営しております。
音楽が入り、映像が入り、ダンスが入り、盛りだくさんで楽しい作品です。
ご期待ください。

2017年9月14日木曜日

台詞を立てアクセントを出す

914 Wakuwaku  担当 土井

今日も部分的に止め稽古。
田所と縁子の場面から。
田所は感情を表し「人となり」を表現します。台詞が入ってきました、これから相手とのやり取りを楽しみ、芝居の面白さを感じる事ができるようになります。
ずっと笑っていて強引、たまに失礼さもある田所を縁子はちょっと嫌だと思うけれど、それを誤魔化そうともします。
間を取る箇所をちゃんと把握します。

好美の退場から竜二と縁子の出会い。机の下で隠れている縁子は緊張感を動きで表します。
椅子を蹴るまでの竜二の好美に対する感情を行動と繋げてみましょう。
縁子との出会い、生理的に反応し台本に書かれた台詞の支配から逃れましょう。
縁子は怖くて「引く」だけでなく、強く出る瞬間も作ります。
竜二は椅子を出して座ったり立ったりと動きに合わせて台詞を言う事が自然に出来るように。

貞子、浩子、縁子の同窓会。
稽古の成果が出ています。
浩子は台詞の出だしがシリアスになりがちな癖があります。楽しい空気に乗って下さい。そして、「立つ」台詞を作り、のっぺらぼうなリズムを変えましょう。
縁子はここでも台詞がウチに籠もりがちです。ここも「出す」部分を作りアクセントを出しましょう。

深夜の好美と貞子、亜希。
元寮長の貞子が頼る好美の余裕を見せます。
背もたれに持たれると身体の緩みを作る事ができます。
ツラ中央で立ち尽くす亜希は窓を見て、あまり好美を見ずシンプルな動きにまとめます。「うん」という言葉が重要です。

パーティの準備をする栞、竜二、菊江。
落ち込んだ竜二の大きなため息を菊江は笑いおちょくり、余裕を見せます、栞はパーティの準備を仕切っています。竜二の台詞と動きがひとつ増えました、

栞と浩子の掴み合い、竜二と菊江が止めに入り、わちゃわちゃした空気を作ります。ここはまだまだ稽古不足です。
亜希がこの空気を変える台詞が追加されました。
そして遠藤の台詞へ。
それぞれに椅子に座っていく流れがまだできていません。
栞と竜二、今日立ち位置を変えて見ましたが、元に戻しましょう。
適度な間と台詞の入り方が難しいです。
来週は、エピローグの場面を稽古してのち、舞台監督さんの前で通しをします。
衣装を考えている方は持ってきて下さい。






2017年9月12日火曜日

3時間稽古と自主練習に向けて。

9月12日 そよ風ペダル 担当:梶川

今日から3時間稽古です。
時間的に余裕があるからか、同じシーンを繰り返して稽古するということが多かったように感じます。
ダンスシーンがありますが、その前後での立ち位置をどうするか何度かシミュレーションしました。
もうすぐ筒井さんがお休みに入ってのみなさんだけでの自主練習で創作する期間に入ります。
なのでその期間をどのような稽古にするかというコメントもなされます。
・発音をはっきりする。
・足を上げる。
・語尾を伸ばさない。
・語頭の間をなくす。
そしてもちろん脚本を手放して演技するようになること。
来週はスタッフさんがが来ての通し稽古です。
ますはここで脚本を離してみましょう。

基礎演技力。

9月12日 恍惚一座 担当:梶川

前回がスタッフ見せの通しだったわけですが。
というかポイントは初めての脚本を離しての稽古だったということで。
セリフが飛んだりテンポが悪かったりといろいろありましたが。
1週間すぎまして、自主練習があったとはいえ、再演ではあるとはいえ、見違えるほどに良くなっていました。
確かに少しはセリフが飛んだりネタとしてもう少しテンポよくなどはありますが、全体としてしっかり作品として見ていられるものになっています。
つまりはセリフさえ覚えてしまえば演技として会話をすることにはそんなにハードルはないということで。
それはもしかするとみなさんの基礎演技力が向上しているということかもしれません。
シーン稽古で作品の三分の一程度を稽古しました。
午後からは自主練習で。
いつもは山口さんも参加されていますが今日は事情があって急遽みなさんだけの純粋な自主練習。
さて来週はどのような進化を遂げるでしょう。
楽しみです。

2017年9月8日金曜日

癖を直すという課題

97 WakuWaku 担当 土井
今日は縁子と田所の2名がお休み。
2幕から4幕までの止め稽古となりました。

机の下に隠れている縁子の存在を竜二はしっかりと認識して下さい。焦らずに。

竜二と亜希。相手の状態を確認して、動いた心を利用し会話します。動きと台詞が連動するようになります。

退場する亜希と好美の出会い、タイミングは早すぎず遅すぎず。場所も程よく。
好美は亜希に対し、先生が持っていた「切迫感」を伝えつつ、宇宙人云々の会話で「緩み」も交えます。

竜二は、好美たちが会話してる間、「言葉にならない言葉」で自問を続けています。

好美が竜二にかける、「いま気づいたような台詞」は、演劇的テクニックが必要です。白々しくならないように。

好美と竜二は、台本を持ち「相手の台詞にかけていく稽古」をしました。相手の台詞をちゃんと聞き切って、直ぐ自分の台詞をかけていきます。

縁子と竜二の場面を飛ばし、貞子、菊江の登場から。
貞子が竜二を叱る時、一気に言うこともできますが、そうせずに落ち着いて言うことにしました。

「はっきりおっしゃい」と、母親の娘への圧、それに対する娘の反発。今日はオズさんが縁子の代役をし、母娘の動きを作りました。

二度繰り返す言葉の使い分けは、声の高低、強弱で。

貞子と菊江の会話は練習を積まれていい雰囲気になって来ています。これからは少しずつ細かなニュアンスに挑戦することになります。
語尾が優しくなりがちな菊江は語尾を強く、「断定」して下さい。
テーブルの巾が狭くなり、相手が近くて対話がしんどくなりました。でも椅子を引くのもおかしくて。

栞の通過と呼び止めるタイミングもいいですね。

なかなかすんなり馴染まない「さあ参りましょう」、自然に持っていく工夫を考えましょうか。

4
遠藤と栞
遠藤の出だしの3つの台詞は冷徹に固くし、役人の質感を出します。語尾を鋭くします。懐柔策で柔らかくなり、出て行くときはまた固くなります。

栞には薄ぼんやりする語尾の癖があります。
癖を直す、という課題が今日はいくつも出て来ました。
貞子との会話が重くなるまではお互い顔を見ながらしゃべります。
重い話題になったら、見るところは見て、決して流さない ことです。栞は感情をぶちまけます。
そして、見つめあった重い沈黙です。

その後ろを通り過ぎる楽しげな3人のテンポが良いですね。ここも今日皆さんで練習した成果が出ています。今後はそれぞれの行動も伴えるようになるといいですね。

10月からは金曜日も自主練習をする予定になりました。また少人数でカラオケボックス等での稽古も始まっています。どんどん自主的に稽古をしていく姿勢が頼もしい限りです。







2017年9月5日火曜日

台詞と足上げを無意識化する。

9月5日 そよ風ペダル担当:梶川

恍惚一座に引き続き、そよ風ペダルにもスタッフさんが来られました。
シーン稽古というか、なんだか足上げ稽古となってきています。
普段は足をあからさまにあげて会話をしません。
だから自然なやりとりにしようとして、足上げを抑えめにしようというのは逆のことで。
しっかりあからさまに足をあげて、それをずっと繰り返していくことによって、この舞台世界ではこれが普通の状態なのだ納得していけるように。
というわけで本番の舞台でも足上げで演じていることになりそうな予感ががします。
しかし演技を続けていると足をあげることを忘れてしまって。
自分が台詞を言うときに足をあげるというルールですが、別に喋らない時も足を上げていいわけで。
稽古場の隅で私も足をあげてみるのですが、足が動いていることと会話をすることは切り離した方がいいように感じました。
人によりますが、足が上がる何かしらのルールというか理由というか、そんなものを用意してみると楽なのかしらと。
例えば床に足をつけるのが嫌で上げているとか、それこそダンスのステップなのだと。
その理由とは別で会話をしておく。
重要なのは台詞を喋っていない時足を動かしておくこと。
もう意識して足を動かすということになると難しくなりますね。
足も台詞も意識せず勝手に動き出すように。
台詞を思い出そうとすると足は止まりますし、足を動かそうとすると台詞が飛んだり。
足の動きでセリフのやりとりのテンポが自然と出来上がっていくように感じます。
足を動かすことにはいろんなメリットがありそうです。
手や喋るときに前傾してしまうといった動きの癖が足をあげるという無理やりの癖によって自然に見えてきたり。
対面舞台でお客さんに背をむけることへの対応もできそうです。
無意識で台詞も足上げもできる領域を目指したいと思います。